MI2Iコンソーシアム

> Site Map

[法人会員対象]MI2Iハンズオン講習会@名古屋1【8月29日開催】

論文事例をトレースするハンズオンセミナー

主催: NIMS MaDIS-CMI2(MI2I 蓄電池材料グループ)、名古屋工業大学 中山研究室
支援: SAS Institute Japan株式会社

講義内容


 実際に論文に掲載された電池材料に関する第一原理計算結果を用いて、基本的な機械学習の手順について、講師による講演と直接PCを使ったハンズオン形式で学習します。実習は、会場に用意されたPCを使用し、参加者2名に対して1名の学生チューターを配して行います。ハードウェアーと人員上の制約から参加資格・人数を制限して開催します。
 主な講習内容は下記の通りです。(情報学の知識・経験が少ない材料系技術者を対象にした初級的な内容です。)
 参加の方には、セミナー改良点など、アンケートにご協力をお願いします。
 ※内容は平成30年度に開催したセミナー[概要はこちら]とほぼ同様です。

1. 結晶構造から記述子を抽出する方法
2. 機械学習による回帰分析
3. 遺伝的アルゴリズムを用いた結晶構造の最適化
4. 学習事例は既発表の蓄電池論文データとなります。 
 [R. Jalem et al., Chem. Mater., 24, 1357-1364 (2012)]

<講師> 中山将伸 (名工大/NIMS MaDIS-CMI2)

プログラム詳細はこちら[PDF]からご確認ください。

開催概要


<日時>  令和元年8月29日(木)10:00~17:30(9:45受付開始)

<会場>  名古屋工業大学 4号館105号室(物質・材料研究機構 名工大サテライトオフィス)
      アクセス:http://www.nitech.ac.jp/access/
      JR名古屋駅より 中央線で2駅(6分) 鶴舞駅下車、徒歩7分
      ※名大病院口改札から前の道路に向かって左方向へ徒歩約7分→突き当たりが名工大正門。
       詳細ルートは添付の[PDFパンフレット]をご参照願います。
      (鶴舞公園に入り込むと迷子になることがあるので、名大病院口改札を利用することをお勧めします)

<募集枠> 5法人(1法人2名まで)
      会場でPCを5台用意します。1法人1台のPCを2名以内で共用して受講して頂きます。
      受講者ご自身のPCは使用できませんのでご持参不要です。

参加資格・参加費


<参加費>  無料

<参加資格> 1)MI2Iコンソーシアム法人会員であること
       2)Linuxを使用した経験があること(初心者レベルで十分)

申込方法・申込締切


<参加申込> ハンズオンセミナー事務局(mi2i_hands-on=ml.nims.go.jp ([ = ] → [ @ ]))までメールでご連絡ください
       申込は法人単位でお願いします。
       【メール件名】『8月29日名古屋ハンズオン講習会申込』
       【必要事項】1.法人会員名、2.参加者氏名、3.所属部署、4.e-mailアドレス、5.電話番号

<申込締切>  7月31日(水)12:00
       申込多数の場合、抽選等により決定いたします。

申込受付を終了しました。
申込者には、事務局より受付メールを返信しております。
万が一、返信メールを受け取っていない方は至急(8月1日(木)までに)ハンズオンセミナー事務局にご連絡ください。

なお、ご好評により申し込みが定員数を超えております。
抽選後、8月6日(火)12:00までに、事務局から申込者に受講可否をご連絡します。今回受講できない方はご容赦願います。

問い合わせ先(ハンズオンセミナー事務局)


国立研究開発法人物質・材料研究機構
統合型材料開発・情報基盤部門 情報統合型物質・材料研究拠点運営室
ハンズオンセミナー事務局

〒305-0044 茨城県つくば市並木1-1 事務・研究棟2階 208号室
電話: 029-860-4891
E-Mail: mi2i_hands-on=ml.nims.go.jp  ([ = ] → [ @ ] )

totop